債務整理後の生活はどうなるのか

債務整理を行った後はどうなる?

債務整理は借金を帳消しにしたり減額したりできるものですが、そこで終わりではありません。
整理は魔法ではないので、ただ減らしたりなくしたりするだけのものではないのです。
では、これを行った後はどのような生活になるのでしょうか?


債務整理後5~10年は借り入れができなくなる

借りたお金を返せなくなってしまったということは、キャッシング機関からの信用を失うということになります。
そのため、しばらくの間は銀行や消費者金融のローン、クレジットカードが利用できなくなるのです。
その期間中は自分の収入だけで生活を送るようにし、10年が経過してもローンに頼らないようにしましょう。
ここでまた借金生活に戻ってしまっては元も子もありません。
パチンコ依存症・・・借金の原因として一番多いのがパチンコ依存症によるものです。


債務整理で財産や住居を失うこともある

自己破産は全額帳消しになりますが、その分手持ちの財産を没収されます。
具体的には、20万円以上の貯金や、住んでいる住居などです。
家を持っている場合には競売にかけられ、買い手が決まった地点でそこを出て行かなければならないようです。
債務整理は一見便利なように思えますが、その裏には大きなリスクが潜んでいるということを知っておいてください。
また整理をすると決めたら、次に住む場所などをあらかじめ決めておくといいでしょう。

cfadmin

View more posts from this author
Copyright © 2018 借金の債務整理を行って人生の再スタートを切ろう. All Rights Reserved.