債務整理でどのくらい借金を減らせる?

債務整理でどのくらい借金が減るのか

債務整理の中でも、任意整理や民事再生は借金の額を減らすものです。
自己破産のように全額なくなるわけではないですが、それでもこれを行うことで楽になったという人は多いようです。
では、この整理によって額がどのくらい減るのでしょうか?


債務整理で大幅に借金を減らすことも可能

任意整理では金利が無効になるだけでなく、返すローンを選ぶことができます。
過払い金を発見することもあるので、そのまま返金手続きに行くこともできます。
民事再生は、返すべき残額を5分の1~10分の1にまで減らしてもらい、それを3年かけて分割払いで返済していくというものです。
この方法を利用するには裁判所に行かなければならず、そこで許可をもらうとできます。
同じ債務整理であっても、両者にはこのような違いがあるので知っておきましょう。


債務整理を行うとゆっくりと返済できるようになる

債務整理の手続きを踏むと、取立てなどをやめさせることもできます。
借り入れを行っている中でこれに悩まされている人も多いと思いますが、整理を行うことでこのような悩みを解決できますよ。
借金やそれに付随する悩みをクリアにしてもう一度再スタートを切りたいという人は、債務整理を行って今までの生活に一旦区切りをつけましょう。

cfadmin

View more posts from this author
Copyright © 2018 借金の債務整理を行って人生の再スタートを切ろう. All Rights Reserved.